03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

コラム「縄文は身近なところにある」

急にどうしても縄文土器が見たくなり、どこか展覧会を開催している場所はないかと調べてみたら、意外にも、隣の市にあるらしい文化財センターがネット検索でヒットしました。幼少の頃からほぼ同じ地で育った筆者でありますが、近場に国指定史跡の大きな貝塚があるなんて、ついぞ全く知りませんでした。掘り下げて調べてみたところ、発掘の経緯は、東北自動車道の建設とありました。所謂、周知の埋蔵文化財包蔵地です。

文化財保護法では、土木工事等の開発事業中に文化財を発見した場合、教育委員会への届出を行うよう求めており、文化財が発見されたその土地は、周知の埋蔵文化財包蔵地となります。周知の埋蔵文化財包蔵地は全国で約46万ヵ所あり、毎年9千件程度の発掘調査が行われているそうです。

工事中に埋蔵文化財が見つかった場合、発掘調査が必要となりますが、その費用の取り扱いについては、営利目的でない個人(戸建等)なら公費負担、開発業者ならば自己負担とされています。また、発掘された出土品が自分のものになるのかと言えばそうではなく、所有者が明らかな場合を除き、発見者が所管の警察署長へ提出することとされています。その後監査された後、文化財であると認められた場合は、原則として都道府県に帰属します。つまり、調査費用は自己負担ながら、出土品は自分の物になりません。故に、工事中に文化財が見つかっても届け出がなされず、破壊されてしまうケースも少なくないようです。

私達が現在目にすることができている縄文土器等の多くは、こうした土木工事の過程で出土し、幸いにもきちんと届出がなされたものです。埋蔵文化財は、歴史を紐解くための貴重な資料です。それらを護るためには、発見者の良心に委ねるだけではなく、発掘調査費用の補助や、文化財保護法の罰則強化等を検討してみても良いのではないでしょうか。(祐紀)

Related Posts

Sorry, the comment form is closed at this time.