03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

コンプライアンス

日本ヴァリュアーズでは、コンプライアンスの推進を経営の基本方針として位置づけ、コンプライアンス方針に則った業務推進と、コンプライアンス体制の構築に取り組んでいます。

コンプライアンス方針

日本ヴァリュアーズでは、コンプライアンスの実践とは単なる法令遵守にとどまらず、社会的要請に応えることと考えています。
すなわち、法令や社会規範の遵守を徹底するとともに、企業倫理にもとづいた公正かつ透明性の高い企業活動の実現により、社会環境における信頼の獲得に努めます。

コンプライアンス体制

代表取締役社長・取締役副社長の直轄においてコンプライアンス委員会を設置します。このコンプライアンス委員会では、社内的及び対外的なコンプライアンスに関わる重要事項について随時審議が行われ、取締役会をはじめとする社内重要会議にて報告が行われます。
また、コンプライアンス委員会により、コンプライアンス統括部門が設けられ、コンプライアンスに関する企画、立案、調整、推進等を行うほか、コンプライアンス窓口としての機能を担います。コンプライアンス統括部門では、スタッフがコンプライアンスについて正しく理解し、実践するためのコンプライアンスマニュアル及びコンプライアンスを推進するためのコンプライアンス実施計画を作成し、コンプライアンス委員会の審議及び取締役会の審議決定を受けることとします。

管理規定等の整備

評価業務においては、不動産鑑定評価基準及びこれに関連する各種実務指針やガイドラインへの準拠について、社内審査部門との連携により常時その適応状況を確認しています。
また、評価業務を含む企業活動全般において、スタッフの行動指針となる従業員就業規則以外に、業務上取り扱う各種情報に関する管理方法について以下の規程等を整備しています。

  • コンプライアンス規程
  • 機密情報管理規程
  • 個人情報管理規程
  • 電子メール規則
  • 審査規程
  • 文書管理規程

内部報告(通報)制度

コンプライアンス規定では、スタッフが法令等に違反または違反のおそれがある行為を発見した場合には、コンプライアンス窓口に通報しなければならない規程を設けています。通報があった場合には、コンプライアンス統括部門は法令等に違反する行為の中止の指示、または当該行為が行われないよう適切な指示をし、再発防止策を策定し、コンプライアンス委員会及び取締役会に報告することとします。この場合において、通報者のプライバシーは保護され、不利益な処遇は禁止されています。