03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

IVSC

http://www.ivsc.org

IVSCは1981年に、英国のThe Royal Institution of Chartered Surveyors(RICS)と米国American Appraisal Institute(現在のAI)によるジョイントベンチャーとして創設された組織です。

ロンドンに本部を置き、国連の経済社会理事会により承認された非政府組織(NGO)として活動しています。

主たる会員は世界各国の不動産鑑定士の団体ないし業界団体(Valuation Professional organization)ですが、評価等に関連する政府機関や非営利の民間機関(Institution)、教育機関・学者なども会員対象となっています。

一方同委員会には、Corporate Member(民間の鑑定評価機関)や、Client Member(鑑定評価の利用・依頼機関)の加盟も認めておりますが、11月5日からスペインで開催された2009年の年次総会において、当社はCorporate Memberとしての加盟が承認され、その結果、同委員会の会員数は、48カ国、62機関となりました。我が国では、社団法人日本不動産鑑定協会が1980年代から加盟しておりますが、民間の鑑定評価機関である当社の加盟は、日本初であると同時に世界的にも初の加盟となります。

IVSC は当初、IAS(国際会計基準)に対応する国際的な共通ルールとしての不動産評価基準の開発を目的として活動していましたが、現在では、会計基準審議会(IASB) が策定する国際財務報告基準(IFRS)に対応する形で、不動産に止まらず、動産、事業、金融資産など、さまざまな資産の国際評価基準(International Valuation Standerds-IVS)を提示するに至っています。具体的には、不動産、リース資産、機械・設備、無形資産、動産、事業・企業、農業用不動産、業務用不動産などの評価基準を示すと共に、危険物・毒物への対応方法、評価手法の考察、評価レポートレビューに対する対応方法、課税目的のための大量評価への対応、歴史的・文化的・建築的に価値のある不動産評価への対応などについて、基準を示しています。また、IFRSの変更による国際的な財務報告基準の最新動向に常に呼応するために、IVSは毎年見直し作業が行われています。