03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

コラム[安心R住宅]

中古住宅の流通活性化策として、国土交通省は来年4月から「安心R住宅」制度の運用を開始します。これは、従来からの中古住宅に対する「不安」「汚い」「わからない」といったネガティブなイメージを払しょくするため、一定の基準に適合した中古住宅に国の商標である「安心R住宅」を付与して、売買の促進を図る制度です。

「安心R住宅」に適合するには、インスペクションの実施や基準に合ったリフォームがなされる等、各種要件を満たす必要がありますが、買主の安心感を高めると同時に、しっかりとした維持管理をしている売主にとっては売りやすくなる効果も期待されます。

一方で、制度上の問題点を指摘する声も聞こえています。例えば、安心R住宅の商標を使用するには専任媒介契約を締結して売主の承諾を得ることが要件となっていることから、売主にとっては仲介業者が一社に限定されることで選択肢が狭められる可能性があります。

また、中古住宅市場において、一定の基準を満たす中古住宅の割合は相対的に少ないとされ、市場全体を活性化する推進力となるかは不明であることや、相応のリフォームやインスペクションなどは既に相当数で行われており、こうした既存の取り組みとあまり変化が無いため買主にとって飛躍的に安心感が高まる効果が得られるかは不明であること等も挙げられます。

この制度において、不動産評価の観点からは、古くても状態のいい住宅であれば築年数に関係なく価値が認められることを、不動産鑑定士による評価手法の開発と適用によって市場に示し、売買当事者や融資を行う金融機関にも安心を与える役割としての評価主体の必要性が検討されることを期待しています。(小室)

Related Posts

Sorry, the comment form is closed at this time.