03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

環境配慮型不動産セミナー

日本ヴァリュアーズ 東京本社の長田です。

 

1125日に株式会社ファンドソリューション主催のセミナーに参加しました。

このセミナーは「環境配慮時代のビル・不動産経営の必須知識 環境配慮型不動産の現状と今後の展開を探る」と題し、伊藤 雅人氏(住友信託銀行㈱ 不動産営業開発部 環境不動産推進課長)を講師に招き、約2時間半に渡って国内外を問わず環境配慮型不動産の普及に向けた取り組み・動き等を紹介して頂きました。

 

温暖化ガス排出量の削減が課題となっている東京都では、20104月より改正「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」が施行され、ビル事業者に対して温暖化ガス削減を求められています。

 

昨今の景気低迷で、環境配慮型のビルだからといってなかなか企業に高い賃料を受け入れてもらえないのが現実ですが、「環境配慮型ビルに関する企業の意識調査(住友信託銀行調査(出所)住信基礎研究所、20097)」によれば、企業は賃貸オフィスビルの入居に関して業務効率の次に環境配慮を重視しているという結果を得ていることが紹介されました。

 

企業の環境配慮型不動産に対する意識レベルは日に日に高くなってきており、環境配慮型不動産への社会的期待は、非常に大きいものになってきていることを改めて確認する機会となりました。

 

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

Related Posts

Sorry, the comment form is closed at this time.