03-3556-1702(東京)
052-950-2771(名古屋)

Royal Institution of Chartered Surveyors (RICS)  の紹介と日本における今後の展開①

 日本ヴァリュアーズ株式会社 代表取締役・不動産鑑定士 磯部裕幸

CRE(米国)FRICS(英国)

(RICS Japanワーキング・グループ、メンバー) 

 

 

1.    RICSの歴史

 

 Royal Institution of Chartered Surveyors (RICS) は、不動産を中心としたあらゆる資産に関する専門家によって構成される組織であり、1868年創設という古い歴史を誇る。1881年に英国王からroyal charter (公的機関)として認められることになり、以降RICS会員を”chartered surveyor”と称することになった。

その後百数十年にわたり、基本的には英国を中心とする国内組織であったが、1990年代以降、急速にグローバル化が進み、世界各地の拠点で活動が展開され現在に至っている。

 さて歴史とはやや異なるが、surveyorの日本語は、測量士、鑑定士などが一般的であり、RICSもこれまで英国王立測量士協会、英国王立公認評価人協会、英国王立勅許鑑定士協会などと訳されることが多かった。しかし後述するように、RICSに所属する会員-Chartered Surveyor-の分野が非常に広範囲に及んでいることからすると、例えば「英国王立公認資産専門家協会」とか「英国王立公認資産調査人協会」というような訳の方がいいようにも思う。また、適切な日本語を当てはめられないのであれば、「英国王立公認チャータード・サベイヤー協会」の方がむしろ誤解を招かないかもしれない。一方、中国ではsurveyor→測量師とそのまま訳しており、呼称についてそれほど気にする必要はないかのかもしれない。

 

2.    RICSの規模と活動エリア

 会員数は、世界146ヵ国で約15万人。内正会員が約10万人超、準会員・会員予備軍としての学生などが約5万人といわれている。運営は、本部ロンドンの下に7ヶ所リージョナル・オフィスがあり、そこで国別の支部を管理し、それら支部は、国内主要都市にローカル事務所を持つ場合、その運営を所轄するというツリー構造になっている。

各リージョナル・オフィスの会員数は、およそ以下のような割合である。2000年以降は毎年約2000名以上会員が増加しているとのことだが、その90%以上は英国以外、しかもその中でのアジアの占める割合はもっとも高い。

  G1.GIF

これら以外の多くのアジアの国にもRICS会員は数多く存在している。BangladeshBhutanBurma/MyanmarCambodiaKiribati、Laos PDRMacaoNepalMaldivesTimor Eastなどである。

支部の存在する国や地域は、55カ所におよび、イギリスでは4つの地域支部の下に数多くのローカル事務所があるが、アメリカ合衆国、カナダ、中国などでも、複数の都市にローカル事務所が開設され、これらの国では会員数増加と共にこの動きが徐々に加速しつつある。

 

 G2.JPG

    

 

一方、アジア各国のおけるRICS正規会員数は以下の通りである。英国との関係で香港の会員数が圧倒的に 多いことは当然だろう。シンガポールやマレーシアのも、英語圏という意味でRICSとの関係は長い。そうした中、中国の台頭はやはり特筆すべきである。2004年、上海に支部が始めて設立されてから7年でアジア・リージョン第二の会員数にまで成長してきた。

 

  G3.GIF

 

 ところで、私がRICSの会員になったのは2006年。日本人が日本で会員になったのはその時点ではとても珍しかったが、その後の5年間で一気に増加した。現在では、準会員や会員予備軍もかなりおり、そうした方が徐々に正会員になっていけば、日本のRICS会員が数年で100を超すのも、あながち夢物語ではないかもしれない。(続く)

 

にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ

 

 

 

Related Posts

Sorry, the comment form is closed at this time.